HOMEリウマチ

リウマチrheumatism

リウマチについて

リウマチについて

リウマチとは、関節内の滑膜に慢性的な炎症が起こり、関節に痛みや腫れが生じ最終的には関節が破壊され変形する病気です。
30~50代の女性に多くみられ、症状が進行すると関節の破壊により日常生活が制限され寝たきりの原因となる場合もあります。
リウマチは長らく「不治の病」とされており、痛みを緩和する治療しか行えませんでした。しかし現在では治療の進歩により、早期発見・早期治療を行えば関節の破壊を防ぎ、正常と変わらない生活ができる”寛解”を目指す事が可能になってきています。
リウマチは関節痛などにより日常生活動作(ADL)や生活の質(QOL)の低下に繋がるほか、「倦怠感」「食欲低下」「疲れやすい」などの全身症状、「間質性肺炎」など肺の障害、「心膜炎」「心筋梗塞」などの心臓疾患、「上強膜炎」「強膜炎」などの目の疾患を引き起こす場合もありますので、症状をお感じになった時はすぐに当クリニックまでおいで下さい。

リウマチの主な症状

関節の症状

  • 朝起きた時の関節のこわばり
  • 色々な関節の腫れ・痛み
  • 左右対称に症状が現れている

関節以外の症状

  • 微熱
  • 倦怠感
  • 食欲低下
  • 疲れやすい
  • 貧血
  • 皮下結節(リウマトイド結節)
  • 間質性肺炎など肺の障害
  • 心膜炎、心筋梗塞などの心臓疾患
  • 上強膜炎、強膜炎などの目の疾患

リウマチの検査

問診

問診

症状が現れ始めた時期、内科疾患などの他の病気、ご家族の既往歴などを問診するほか、症状のある関節の状態、疼痛、腫脹、発赤などを確認します。
リウマチは手の第2・3関節や、手首・足首の関節に起こりやすく、左右の同じ関節の症状が現れやすいという特徴があります。肩や膝、脊椎にも症状が現れる事があります。

レントゲン・MRI検査

レントゲン・MRI検査

患者様の症状に応じて、レントゲン検査にて手や足などの骨の変化を確認します。
レントゲン検査で確認するのが難しい部位に対しては、MRI検査を行うこともあります。特に早期リウマチなどレントゲンでは分かりにくい場合に有効です。

血液検査

血液検査

血液検査により、リウマチ因子(RF)や抗CCP抗体の有無、炎症反応(CRP、血沈)の有無などを確認します。
リウマチ因子の検査は、リウマチと診断された方の80%程度が陽性となりますが、発症早期の場合には陽性とならない場合や、健康な方でも陽性反応が出たりする場合もあります。
抗CCP抗体の検査はリウマチ因子よりも早期から陽性反応が出ることから、診断が下しにくいリウマチに対して有効な検査方法です。

RFや抗CCP抗体が高い場合は関節破壊が進み易いと言われています。
CRPは体内に炎症症状などがあると肝臓で作られるタンパク質で、リウマチの患者様の場合、この値が高くなります。
血沈とは赤血球が沈む速度のことで、リウマチなど、体内に炎症症状があると沈む速度が速くなって値が高くなります。

リウマチの治療

リウマチの治療方法には「薬物療法」「リハビリテーション」「手術」などがあり、基本的には薬物療法が選択されます。
現在、治療薬の進歩にともない、早期発見・早期治療を行えば関節の破壊を防ぐことが可能となっており、関節手術などを受けなければいけない方の数は減少傾向にあります。
また当クリニックで対応が難しい場合には、大学病院など適切な医療機関を紹介させて頂きます。なお関西医科大学膠原病科とはネットワークを組んでおり、入院も含めて相互に協力体制を敷いております。

薬物療法

薬物療法

リウマチの薬物療法で用いられる薬には「消炎鎮痛薬」「抗リウマチ薬」「ステロイド剤」「生物学的製剤」などがありますが、通常、メトトレキサートを第一選択薬として、症状がコントロールできないようであれば抗リウマチ薬のほか生物学的製剤の投与を検討します。

消炎鎮痛剤

関節の破壊など、リウマチの症状の進行を防ぐことはできませんが、関節の腫れ・痛みなどを緩和する効果があります。
即効性があるものの、継続的に使用する場合には胃潰瘍や銃に使用潰瘍などの副作用に注意する必要があります。

抗リウマチ薬

リウマチの原因である免疫異常を改善させることで、症状の進行を防止します。
抗リウマチ薬のうち「メトトレキサート」はリウマチ患者様の多くが服用しており、リウマチの薬物治療の第一選択薬となっています。

ステロイド剤

他の薬では炎症が抑えられない活動性が高い時などに使用します。
高い抗炎症作用があり、むくみ、骨粗鬆症などの副作用に注意して投与量を最小限に抑えて使用すれば、効果的に症状を抑えることが可能です。

生物学的製剤

生物学的製剤とは、最新のバイオテクノロジーの技術を用いた遺伝子組み換え操作によって作られた製剤のことで、関節で炎症を引き起こす「サイトカイン」という原因物質や「T細胞」などの働きを抑える作用があります。
従来のリウマチの治療薬よりも高い効果が期待でき、関節の破壊を抑制したり正常に近い状態まで改善させる事が出来ます。当院ではリウマチ制圧のため、積極的に使用しています。

脳ドック空き状況確認・予約はこちら