HOMEリハビリテーション

リハビリテーションrehabilitation

リハビリテーションについて

リハビリテーションについて

リハビリテーションとは、病気、怪我、加齢などが原因で発生した機能障害・運動障害などの症状を改善させるために行われる治療・トレーニングです。当クリニックでは腰痛、肘・股・膝などの関節の痛み、慢性的な肩や首の痛み、手足のしびれなどに対して、「物理療法」「徒手療法」を実施することで改善に導きます。

リハビリの対象となる主な症状

  • 腰痛
  • 肘・股・膝などの関節の痛み
  • 慢性的な肩や首の痛み
  • 手足のしびれ
  • 首・肩の疼痛からくる頭痛
  • 事故による打撲
  • 骨折
  • むち打ち症
  • 手術後のリハビリ
など

リハビリの進め方

リハビリでは、低周波治療器、スーパーライザー(レーザー治療器)、マイクロ波温熱治療器、牽引器、ハドマー(加圧機)などの器具を用いたり、徒手療法を行って、痛みやしびれなど症状の軽減をはかります。

徒手療法

徒手療法

徒手により全身の筋肉や骨格などを丁寧に調整していくことで、関節機能異常などの症状の原因を改善に導きます。

物理療法

物理療法

「温める」「冷やす」「振動させる」「電気刺激を加える」などの物理的な刺激により、炎症の改善や血行の促進などをはかって症状を改善に導きます。
物理療法は運動療法と組み合わせて行われることが多く、適切な方法と組み合わせることでより高いリハビリ効果を得ることが可能となります。

リハビリ機器の紹介

頸椎、骨盤牽引機

腰椎牽引療法は、牽引部位の筋スパズムの改善や間欠牽引によるマッサージのほか、椎間開大の手助けをして神経への圧迫をやわらげるなどの作用が考えられています。治療に際しては腰でん部に筋をリラックスさせ、股関節と膝関節を十分に屈曲させる前屈位姿勢で家人することが望ましいとされています。
治療に適した姿勢が楽に得られるように座部形状になっており、牽引療法を効率的に行えます。

      

低周波治療器

低周波治療器

異なる周波数の電流を流すことで、患部の血行を促進して疼痛緩和などをはかります。
腰椎椎間板ヘルニア、肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)、膝関節痛などの症状改善に効果があります。

スーパーライザー(レーザー治療器)

スーパーライザー(レーザー治療器)

患部の深くまで到達するレーザーを照射することで、血行を促進して疼痛緩和などをはかります。
手指の関節炎や腱鞘炎、むち打ち症、肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)、腰痛などの症状改善に効果があります。
患部の深くまで確実にレーザーを伝達させることできるので、腰や肩などの深い部位の疼痛に対しても効果を発揮し、複数回治療を受けることでより高い効果が得られるようになります。

マイクロ波温熱治療器

マイクロ波温熱治療器

マイクロ波による深部温熱効果によって、患部の血行を促進して疼痛緩和などをはかります。
肩こりや腰痛などの慢性疾患のほか、神経痛、捻挫、筋肉痛などの症状改善に効果があります。

ハドマー(下肢加圧機)

両足を大腿から足先まで長靴型の袋ですっぽり包み、末梢から空気の圧力で加圧し、足の浮腫みを緩和します。血行を気持ち良く改善し脚の疲れも取れます。

脳ドック空き状況確認・予約はこちら